地中熱事業

地中熱事業について

  
弊社は、2012年に地中熱ヒートポンプの新規事業をスタートさせました。
2014年9月には「ものづくり・商業サービス革新事業補助金」として採択され、本社事業所内で「地中熱ヒートポンプシステム」の試作開発事業に取り組んでおります。

 
作業工程

        
一年を通じてほぼ一定である地中熱を利用し、夏は室内の熱を地中へ逃がし、冬は地中から熱を取り込むことで、エネルギー消費量を約50%削減することを目的としたものです。
   
節電温度
空気熱源ヒートポンプは、屋外の空気を熱源としているために、夏は35℃を超えるような
熱い外気から温度を下げ、冬は5℃くらいの冷たい外気から温度を上げなければなりません。一方、地中熱ヒートポンプは、外気に比べ夏は、15~20℃低温の、冬は10~15℃高温の安定した地中熱を利用することで、空気熱源ヒートポンプで同じ温度の熱を作り出すのに少ない電力で済み、その結果節電が可能になります。
  

 
作業工程

        
【Step① 削孔】
掘削機① 掘削機②
専用のボーリングマシンで削孔します。通常は径150mm前後の穴で、深度50~100m程度の掘孔を行います。  
        
【Step② インナーロッド引き抜き】
インナーロッド引き抜き① インナーロッド引き抜き②
一般にはインナーロッドとアウターケーシングの2重管で堀り、インナーロッドを引き抜きます。
        
【Step③ 地中熱交換機Uチューブ挿入】
地中熱交換機Uチューブ挿入① 地中熱交換機Uチューブ挿入②
地中熱交換器Uチューブに水を充填させておき、それを掘削したボアホールに挿入します。
        
【Step④ アウターケーシング引き抜き】
アウターケーシング引き抜き① アウターケーシング引き抜き②
U-ポリパイ挿入後にアウターケーシングを引き抜きます。  
        
【Step⑤ 珪砂充填】
珪砂充填① 珪砂充填②
最後に採熱がよくなるように珪砂などで隙間を充填し、ボアホール工事完了となります。
        
【Step⑥ 配管接続】
配管接続① 配管接続②
Uチューブと地中熱ヒートポンプを配管接続し、熱源側の工事は全て終了となります。
その後、二次側のエアコンと接続をし、完了となります。  

地中熱利用促進協会

中部地中熱利用促進協議会(中地協)

岐阜地中熱利用研究所  

土の診療所

ODCセンター

TRS

Page Top